• nariyuki matsuzawa

    自己紹介

  • 起業するひと、企業内で事業開発に取り組みひと、ECでチャレンジするひと、体力の限界にトライするひと、限界に挑む精神、これまでとは違う価値観を築く姿勢に敬意を表します。

     

    「挑戦する精神とともに成長する」が私自身のポリシーです。

  • adventure

    とてつもなく長いレースに出ると決め、時間と身体を工面する。スタート地点に立ち、一歩を踏み出すとゴールまでの残数は確実に減っていく。まだ10kmまだ50kmと思っても前に進むとやがて100km通過し目前にfinish lineがやってくる。

    旅・ランニングから多くのことを学んだ。感謝。

    UTMB

    2017/9

    世界最高峰トレイルレイス170kmレース完走。44時間50分!120km地点まではゆっくり、そこから本気のペース。作戦成功!

    Gobi deserts race

    2013/6

    中国新疆地区のキルギス国境にて250kmレース。10kg近くの荷物を背負ってのステージレース、正味6days。最終ステージは嵐にあいレース自体は途中で短縮される。日本人2位でゴール。ゴール時は感極まり号泣!練習の成果が実った。

    Sahara deserts race

    2014/3

    サハラ開催ができず、ヨルダンにて実施。終了後死海とヨルダン川を視察。翌年から危険地帯になって行けなくなったから、貴重な体験となった。こちらも6days250kmのステージレース。

    カンボジアレース

    2013/12

    220km6daysのステージレース。最後はアンコールワット。何しろ湿気が多く辛いレースだった。宿泊用テントをめくったらサソリがわんさかいて皆で大爆笑!”もう少しで死んでたなー”と。参加者皆少しネジがおかしいw日本人1位。なぜなら日本から初参加者だったので。

    自転車(下関→所沢)

    1988/7

    15歳の夏、1235kmの自転車の旅をしてた。企画実行、全て一人。買って10日の自転車を輪行して真夏の下関へ上陸。そこから所沢の自宅まで11daysで辿り着く。帰宅後、栄養失調で3日連続点滴。30年前がこれなら30年後も類似の事やってんだろうな。徒歩でパリくらまでかなw。

     

    UTA(ultra trail Australia)

    2016/5

    100kmトレイルレース.シドニーから4時間くらいのところ。爽やかなコース。たった50kmで足が攣りまくり諦めかけたが、休憩してゆっくり歩き出せた。自分の体と頭とカロリー計算をきちんとマネジしないといけないことを腹落ちして学んだ。完走はしたが結果は不満。

    Ultra trail Busan

    2015/11

    100kmトレイルレース。16時間くらい。全体9位だったかな。寒いレースで走りやすい。参加人数も少なくとてもアットホームなレース。もう実施されてない模様。

    上州武尊レース(日本)

    2015/7

    120kmトレイルレース.国内レースで初ビッグレース参加。灼熱の山の中を這いつくばる。27時間くらいで完走!国内では最強レベルの強度。ゴール手前の山からの町の眺めは格別!

    Hongkong tai mo shan

    2016/12

    160kmトレイルレースやっとマイラーに!37時間ちょっと。100km超えたらゆっくり休もうと思っていたらエイドが充実しておらず場所がない。。仕方なく継続ラン。チャーハン、ラーメンを補給して最後まで行っちゃいました!

    Ehunmilak

    2016/7

    160kmトレイルレース.スペインバスク地方にて開催参加。日本から初めての参加とのことで取材を受けるが、103kmで無念のリタイヤ。マイラー達成とならず。ゲートcityとなるサンセバスチャンは何から何まで最高!海外レースの醍醐味を満喫できる!もう一度出たいレース。

  • career

    上場も倒産もJVも創業も転職も外資系も大企業もベンチャーも中小企業も新規事業もみな経験。挑戦する人・精神とともに成長するため自らもチャレンジを継続します!

    2016-現在

    代表

    ・日本工芸株式会社(工芸品の越境EC事業 )創業

    →ページへ

    2017-現在

    SBI大学院大学 講師

    事業計画演習、講師 紹介ページ

    受講生は全国からオンライン学習。

     

     

     

    2012-16

    シニアバイイングマネジャー

    ・インターネット通販アマゾンジャパン、ホーム&キッチン事業部バイイングマネジャー 販売戦略立案・実行。

    ・新規取り組みとして和食器ストア、大分県ストアスタート

    ・信金中央金庫と協業し、全国の信用金庫経由での新規メーカー開拓スキーム確立

    ・EC取り組む2000社とお会いし少なくとも1000社以上商流を起こす。

    ・アマゾンへの採用面接は70名以上実施。事業ビジョンと採用・評価が完全に連携されている。

     

     

     

    2006-現在

    新規事業開発コンサル

    ・新規事業開発支援を特長 するコンサルティング会社、株式会社フロイデを役員として参画。(現在、エグゼクティブパートナー)

    ・ホンダ、日経新聞、パナソニック、NEC、東京電力など大手クライアントを獲得

    ・東証一部上場企業とのJV立ち上げ、運営、売却

    →ページへ

     

     

     

    1999-2006

    統括責任者、新規事業、上場経験

    ・大前研一氏 起業家育成学校立ち上げ 参画(現株式会社ビジネス・ブレークスルー) 国内最大規模 起業家育成プログラムを提供するスクールの企画運営に関する統括責任者。事業戦略・マーケティング戦略立案・実行

    ・1000以上の起業希望者のサポートを実施。その後数社は上場を遂げる。

    ・新規事業として大原学園とのdistance learning共同事業を立ち上げ、運営。

    ・社内新規事業し”企業内アントレプレナー育成事業”を立ち上げ、リクルート、 三井不動産、NTTドコモ 大手クライアントを獲得し、マザーズ上場に貢献

     

     

    1996-97

    新卒入社後、翌年倒産

    96年アジア展開 注力する小売業東証一部上場ヤオハンジャパン入社、青果部配属。静岡県三島市勤務、翌年倒産。

     

     

  • skill

    セミナーやアドバイジングで活用している資料一部

    展示会を最大限活かすための全体フロー

    東京都某区、展示会参加企業への事前セミナーで3期連続実施。中小メーカーが展示会に出展する際に事前に思考すべきことと、期間中実施すべきことをフローでまとめたもの。

    新規事業開発の全体プロセス

    中規模以上の企業での、新規事業創出の基本的な流れ。まず、アイデア出ししましょう、社内ベンチャー制度作りましょう、から始めるのは良くない。

    経営者(チーム)の資質

    経験値からまとめた内容。一人で全てを満たす必要はなく、チームで役割を担うべき。リソースがあると束ねる力が必要だし、ないと全ての要素がある程度必要。

    企業にとってイノベーションは必須課題

    書籍より

    ドラッカー「マネジメント」「イノベーションと起業家精神」よりアレンジして作成。

    企業の目的、基本的機能、マーケティングとイノベーションの違い。マネジメントを体系化したドラッカーから学ぶことは多い。

    機会の把握 イノベーション7つの機会

    書籍より

    ドラッカー「イノベーションと起業家精神」より図示化。これを何度も見ながら事業を見つめ直した。ドラッカーの洞察はあらゆる局面でインパクトがある!

    Drucker Studiesドラッカー研究への寄稿文。

    ECで成功する3つの条件

    最終商品を扱う企業(主にメーカー)がインターネット販売で成功する3つの条件。これは2000社以上その手の企業とディスカッションした経験値。これとは別に「

    だから御社の商品はインターネットで売れない!インターネット販売に取り組むメーカーの、間違った神話10」もまとめあり。

    スクール立ち上げの基本プロセス

    スクールを立ち上げたい、と何度か相談された際の。キモは左。共感、信頼、コミュニティー。立ち上げ初期設計にそれを議論していく必要がある。

  • education

    勉強より実践が好き

    1992-96

    Tokyo University of Science , Tokyo Japan

    東京理科大学、物理学科卒業。4年のうち累計18ヶ月はアジアを中心にバックパッカー+留学で過ごす。学費、旅費はFORTRANを使った地質解析シミュレーションのバイトから捻出

     

     

     

    1994-95

    SICHUAN UNIVERSITY ,Sichuan China

    四川省四川大学に漢語履修生として留学。当時は夢を中国語で見てました、今は日常生活+α程度。

     

     

  • projects

    現在進行中のPJとこれまでの活動のうちいくつか。

    自社メディア

    オンライン/現在

    現在、立ち上げている日本の工芸促進事業。その普及活動として、「初心者のための日本の工芸品入門」をオウンドメディアとして設置。

    詳細

    講演・アドバイジング

    全国各地/現在

    以下のようなテーマで講演、アドバイジング。「新規事業開発、ECの取り組み、提案営業、事業計画書、BtoB営業、展示会の有効活用」

    実績

    TrailrunX工芸

    フランス,シャモニー/17年

    5年かけてやっとスタート地点に立てた170kmレース。日本の伝統工芸、竹細工を身にまとい 世界最高峰のトレイルレースUltraTrail Montblant 170km・累積標高:10000m完走を目指す→PJ詳細

    著作本(共著)

    日本能率協会総合研究所/05年

    ビジネス・ブレイクスルー新規事業研究会を設置し講師陣及び実践者集めて”企業における「成功する新規事業開発」育成マニュアル”を書籍化

    Amazon

    工芸品展示・商談場設置

    築地/現在

    現在経営する日本工芸株式会社の取り扱う工芸品展示・商談場設置。→PJ詳細

    小学校寄贈

    フィリピンへ/09年

    DREAM BARプロジェクトにて数百万円を集め、フィリピン・ヒパラヤン村に小学校を寄贈

    PJ詳細

    Bar 開設

    表参道にて/07年

    夢を語る場を作ろう!と7名で集まり骨董通りにオープン。幹事の友人の友人までしか入れない場ととして2000名以上が参加。多くのビジネスが生まれた。

     

     

    Bar→小学校寄贈 1/3

    表参道にて/08年

    part1 8:27

    有志が集まり夢を語る場をつくろう!と起案(06年11月)

    →表参道某所を借りてDREAM BAR開催(06年12月)→50数回開催、2000名以上を集める→収益金+寄付、イベントなどで集める→フィリピンに小学校を建設、完成、寄贈(09年3月)

     

     

     

    HONMONO PJ

    自己紹介動画

    プロに撮影していただきました。質問いただきランダムに答えた言葉を、集めて編集いただきました。

     

    3分強。2019/3月

     

     

  • SNS

    最新情報をチェック!

  • seminar

    【限定開催】ECx営業スキルx新規事業を学ぶ

    松澤が出会ったすごい人を講師に迎え、討議を交えて実践力を高めてもらうための会。

     

    <想定対象、特に来て欲しい方>

    ・新しい価値を主導的に生み出そうとする方

    ・やってみましょう、という方

    ・世に広めたいことのある人。(なくとも意欲は少なくともある人)

    <来てほしくない方>

    ・実践<学習 な人

    ・ご紹介者がいない

    ・ルール好きで理屈っぽいの人

    All Posts
    ×